2015年11月03日

竿の修理(穂先が折れた)

前回の釣行で折れた穂先の修理をしないと、釣りに行けない。

折れた竿は、ダイワ(Daiwa) リバティクラブ 磯風 3-53遠投・K

IMAG0561.jpg

(作業手順)
@折れた穂先を、ライターであぶって、ガイドを外す。
A残っているほうのブランクスをカッターで削る。
Bボンドをつけて、元のトップガイドを取り付ける。

結構簡単そうなので、すぐにできそう。

まず、釣り具用のアロンアルファ(アロンアルフア 釣名人低粘度・多用途 1g)を買いに、南柏のキャスティングへ行く。
買いに行くと、釣具用のアロンアルファが2種類あった。
低粘度タイプと低白化タイプがあったが、どちらが良いのかよくわからない。
アロンアルフア 釣名人低粘度・多用途 1g
アロンアルフア 釣名人ソフト・低白化 2g

多分竿の修理には、低粘度タイプが適していそうと思ったが、近くにFUJI工業の修理キット(富士工業(FUJI KOGYO) 波止竿・サビキ竿 太径用LOTリペアキット) もあった。
こちら、ガイドが三個とボンドのセットで、作業手順のAの部分を行わず、このキットについているガイドのうち合うものを使うというもの。
これのほうが簡単そうと思い、こちらを購入。450円でした。
IMAG0566.jpg


家に帰り手順どおりにやってみる。
すぐにできた。(仕上がりは汚いが、とりあえずは使えそう)
IMAG0567.jpg


他の方の関東釣行記(ランキング上位)








posted by おっさん at 15:49| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リバティクラブ私もアジ釣りに使ってます(^.^)
値段のわりには使いやすいですよね! 修理お疲れ様でした〜♪
Posted by 鈴木 at 2015年11月05日 09:03
鈴木さん コメントありがとうございます。
リバティクラブは、私の竿の中のエースです。
たくさん竿を持っているわけではないのですが、特に不満のない竿です。
しばらくは、大事に使いたいと思っています。
Posted by おっさん at 2015年11月08日 08:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。