2016年04月09日

もっと釣りに行くための節約術(auスマホからMVNOに変更して1か月約5000円の節約)

もっと釣りに行くための節約術(auスマホからMVNO(格安携帯会社)に変更して1か月約5000円の節約)を紹介します。
(今使っているDOCOMOかauスマホ端末をそのままでスマホ料金の節約ができます。)
IMAG0630~2.jpg
 ≪MVNOのデメリット≫
  ・キャリアメール(ezweb.jpなど)が使えなくなる。
  ・電波がLTEだけになる。(3Gの電波が使えなくなるので、現状端末に3Gとよく表示される方は注意が必要)
  ・回線のスピードが遅くなる時間帯(お昼など)がある。(通話は普通にできるらしい)

ケータイ★アウトレット
月額3,888円でXperiaが使える!お申込みはこちら
月額1000円で使えるTSUTAYAのスマホ 【TONE】

おっさんのスマホはauのアンドロイド端末。今回加入から2年経ったので、節約のためキャリアの変更を思いついた。今まで毎月7000円以上の料金を支払ってきたが、これはちょっと高い。
電話はほとんどせず、メールとネット閲覧ぐらいだけで7000円は高い。

今までもMVNOに興味はあったのだが、多くはドコモの回線であるために、ドコモ回線で使える端末を買わないといけないことから、なかなかMVNOへの変更に踏み切れずにいた。
最近、マイネオ(mineo)というMVNOを見つけた。これはau端末も利用できるMVNOで、MNP(電話番号そのままで携帯電話会社を変わること)もできて、SMSも使えて、月額約1300円〜(500MB)。おっさんは、月5GBのプラン(月額2190円税別)で申し込んだ。
MVNOは、時間帯によっては、ネット閲覧のスピードが落ちるらしいが、おっさんとしては、月5000円安くなるのなら、我慢できる。
あと電話番号はMNPでそのまま使えるが、キャリアメール(Ezweb)は使えなくなる。



ということで、実際に申し込んでみた。
@まずauに電話してMNP予約番号を発行してもらう。(発行手数料2160円)
 (auの連絡先 0077-75-470)
Aマイネオのサイトから申込み(↓ここから申込みできます。)
たくさん使う人も あまり使わない人も【格安スマホはmineo】

 


 クレジットカードと本人確認資料(運転免許証など)が必要になる。

B仮申込みのメールが届く(新契約事務手数料3000円税別)
 リンク先に接続すると本申込みとなる。
 1週間以内ぐらいでSIMカードが届くらしい。
 SIMカードが届いたら、スマホのSIMカードを入れ替えたらよいみたい。
(1/30(土)にここまで実際にやった。)

 SIMカードは、月曜日にもう届いて、すぐに設定手続したら、開通。
 カードと同時にマニュアルも届き、これを見て操作したら簡単に開通できた。

  ★今回失敗したこと
   マイネオの申し込みを月末近くにしたので、開通もしていないのに
   1月分からマイネオの料金がかかるみたい。
   申込みは、月初にやるべきだった。

★ここまででにかかった費用
 MNP予約番号発行手数料2160円
 マイネオ新契約事務費  3240円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 合計          5400円

 ●5400円でこれから毎月通信費が5000円安くなる!!
 ●2年縛りの更新月でない人は、これに+約1万円かかるけど、
  毎月5千円安くなるのですぐに元が取れる。
 ●端末分割支払い中の人はやめておいた方が良い。

2/9時点の感想
 ・特段問題なく使えている。
 ・遅くなる時間帯があることを覚悟していたが、特に体感できるほどの遅さはない。
 ・今まで高い料金を支払っていたのは、なんだったんだろう。

3/4時点の感想
 ・MVNOに変更したことを忘れてしまうくらい、Aとの契約との使用感の違いはない。

 



月額3,888円でXperiaが使える!お申込みはこちら
月額1000円で使えるTSUTAYAのスマホ 【TONE】

固定IP付きデータ通信専用SIMが業界最安値!

ワイモバイルの305ZTはコチラ

驚きの低価格で高品質な通信サービス「U-MOBILE」





他の方の関東釣行記(ランキング上位)













posted by おっさん at 20:32| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

シーバスが釣れるとかいう養老川河口に行ってみたけど、やっぱりダメだった。

2016.2.28(日)
シーバスが釣れるかなと思い、養老川河口へ行ってみた。





この時期、よくわからないが「バチぬけ」というもので、シーバスが簡単に釣れるらしい。
まあ、昼間はだめみたいだけど。
満潮からの下げ潮がいいらしいけど。

IMAG0682.jpg




普通はルアーで狙うみたいだけど、アオイソメをエサに市販のフロートのついたセイゴ用仕掛けで、狙ってみた。
岸から投げるには、水深が浅すぎる。
結果、全く反応なしで終了。

ウェーダーはいて、川の中に入っているルアーマンは、多数いた。
釣れていたかどうかはわからないが。





その代わりに、釣りを始めて最初に買った竿(竿とリールがセットになっていないやつでは初めて)が折れてしまった。

IMAG0683.jpg

残念。


他の方の関東釣行記(ランキング上位)





posted by おっさん at 20:43| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

竿の修理(穂先が折れた)

前回の釣行で折れた穂先の修理をしないと、釣りに行けない。

折れた竿は、ダイワ(Daiwa) リバティクラブ 磯風 3-53遠投・K

IMAG0561.jpg

(作業手順)
@折れた穂先を、ライターであぶって、ガイドを外す。
A残っているほうのブランクスをカッターで削る。
Bボンドをつけて、元のトップガイドを取り付ける。

結構簡単そうなので、すぐにできそう。

まず、釣り具用のアロンアルファ(アロンアルフア 釣名人低粘度・多用途 1g)を買いに、南柏のキャスティングへ行く。
買いに行くと、釣具用のアロンアルファが2種類あった。
低粘度タイプと低白化タイプがあったが、どちらが良いのかよくわからない。
アロンアルフア 釣名人低粘度・多用途 1g
アロンアルフア 釣名人ソフト・低白化 2g

多分竿の修理には、低粘度タイプが適していそうと思ったが、近くにFUJI工業の修理キット(富士工業(FUJI KOGYO) 波止竿・サビキ竿 太径用LOTリペアキット) もあった。
こちら、ガイドが三個とボンドのセットで、作業手順のAの部分を行わず、このキットについているガイドのうち合うものを使うというもの。
これのほうが簡単そうと思い、こちらを購入。450円でした。
IMAG0566.jpg


家に帰り手順どおりにやってみる。
すぐにできた。(仕上がりは汚いが、とりあえずは使えそう)
IMAG0567.jpg


他の方の関東釣行記(ランキング上位)








posted by おっさん at 15:49| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。